SDGs4.7とこれからの学び~アジアの教育を見つめながら(5)アジアにおける教育の質的変化


グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)・グローバル教育プロデューサー 木村 大輔



前回、欧米よりもアジア諸国の方が資質・能力(コンピテンシー)育成の理念を先取りしていると述べた。では、コンピテンシーベースの教育の推進に向け、東アジア地域ではどのような取り組みが進んでいるのか。アジアソサエティが実施した「東アジアにおける21世紀型コンピテンシー」研究プロジェクトの一端を紹介したい。

シンガポール国立教育学院のタン博士によると、過去20年にわたり、先を見越したさまざまな教育改革を行ってきたシンガポールは、「記憶や正しい答えが求められる試験は得意だが、不明瞭で複雑な問題の解決が苦手」という同国のイメージを短期で覆した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。