『自律型学習者』を育てる学校改革(8) 対等に対話を重ねること


新渡戸文化小中高校教諭 山本 崇雄



生徒の自律を促しながら、関わる人々との関係性(リレーションシップ)を向上させるスキルであるパブリック・リレーションズ。その三つのキーワード「倫理観」「双方向コミュニケーション」「自己修正」のうち、今回は「双方向コミュニケーション」について詳しくお話しします。

米国で歴史的発展を遂げたパブリック・リレーションズを、四つのモデルに分類したジェームス・グルーニッグは、一方向性のコミュニケーションに対して、双方向性コミュニケーションを非対称性と対称性の二つに類型化しています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。