通常学級における教育のユニバーサルデザイン(5)授業のユニバーサルデザインにおける視覚化


星槎大学大学院教授 阿部 利彦



前回も少し触れましたが、ただ絵や写真を見せるだけでは、授業のユニバーサルデザインにおける視覚化と言えません。

視覚化する際に重要なのは、着眼点を明確にすることです。ただ、学びにつまずきがある子どもは、着目してほしいポイントに自然に目を向けさせるのが難しく、自身が気になるところばかりを見てしまうケースも少なくありません。

では「ちゃんとここを見なさい」などと強く指導すればいいのでしょうか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。