SDGs4.7とこれからの学び~アジアの教育を見つめながら(7)主体的な学習者の育成を妨げるもの


グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)・グローバル教育プロデューサー 木村 大輔


 「Let your child grow up」(子供達を成長させましょう)――シンガポールのある小学校の校門にはこのような張り紙がある。弁当や教科書、宿題などの忘れ物を届けにきた親に「どうぞそのまま背を向けてお帰りください」と呼び掛けるものだ。メッセージは「子供は、親がいない間に問題解決や責任の取り方を学ぶ」と続く。小学生の子を持つ私もハッとした。「この子のために」という魔法の言葉の下、日常生活で過保護になっていないかと。

 発達段階における支援の必要性は十分に理解している。ただ、家庭や学校で「この子のために」「児童生徒のために」と手取り足取りケアすることが、かえって子供たちが自発的に学び、成長する機会を奪ってしまっていないかと感じるときがある。「お国柄」という言葉で片付けることもできるが、教育に関わる者として、児童生徒を「守るべきもの」と考えるあまり、過保護になっていないか、自問自答したい。

 前回も述べたように、リスク計算やインパクト調査、既存の教科学習と関連付けた思考法=ツールを持たない状態で、いきなり課題に飛び込ませるのは無謀だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。