通常学級における教育のユニバーサルデザイン(7)授業における「共有化」


星槎大学大学院教授 阿部 利彦





「焦点化も難しいけれど、共有化はさらに難しいね」という先生方の声を聞くことがあります。そもそも共有化とはどういったことを指すのでしょうか。

答えの一つが「クラスの仲間と考え方を共有する」ことだと思います。考え方の「よさ」の共有と言っていいかもしれません。さらにもう一点挙げるなら、私は「多様な考え方を共有する」視点を加えます。

子どもは「正解」が好きです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。