SDGs4.7とこれからの学び~アジアの教育を見つめながら(8)校長に必要な資質・能力


グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)・グローバル教育プロデューサー 木村 大輔




2018年からユネスコ・アジア太平洋地域教育局が主催する国際会議「Innovative School Leadership」(革新的なスクールリーダーシップ)に出席している。「SDG4.7=変容を促す教育」の実現―教育改革の推進には、学校長をはじめとするスクールリーダーの理解促進とリーダーシップが重要だからである。

その会議で、フィリピンにある東南アジア教育大臣機構(SEAMEO)が14年から進めてきた、学校長に求められる資質・能力(コンピテンシー)についての調査発表があった。その内容は、日本にとっても示唆に富むものであるので紹介したい。

東南アジアの学校長に求められるコンピテンシーとして①個人の能力②教育的指導力③経営に関する統率力④戦略的思考とイノベーション⑤利害関係者との調整――が挙げられている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。