SDGs4.7とこれからの学び~アジアの教育を見つめながら(9)教員に求められる資質・能力


グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)・グローバル教育プロデューサー 木村 大輔




子供の未来に関わる教員に求められるコンピテンシーは何だろうか。東南アジア教育大臣機構(SEAMEO)は、コアコンピテンシーとして①教えることへの知識理解(教育施策、トレンドやカリキュラムの理解、地域・国家・地球規模の発展に合わせて自身を常にアップデートすること)②生徒の学びの支援(最も効果的な教授法や学習方策の活用、学習方法についての評価やフィードバック)③コミュニティーとのつながり(学習支援のための地域の巻き込み、尊敬と多様性の促進)④日々より良い先生となること(自己や他者に対する理解、人生における善行の実践、自己の超越)――を挙げている。

世界の公益のための教育を目指す流れの中で、社会貢献意欲や異文化理解、世界への関心を高める意識付けは必須だ。さらに、社会を創る担い手として行動できる人材を育成するにはコンピテンシーが重要だ。

ユネスコは教育の質を高める「横断的コンピテンシー」として①批判的・創造的思考②メディア・情報リテラシー③対人スキル④個人の内的スキル⑤グローバル・シチズンシップ⑥その他――と6つの領域を挙げている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。