学校の当たり前を見直す 教育活動のエビデンス(4)エビデンスで「授業」を見直す


岐阜県養老町立養北小学校教諭 森 俊郎


小学校低学年を担当するA教諭は、校内の公開授業を翌月に控えていた。A教諭の小学校では、校内研究の一環として児童自身による学びの振り返り活動に取り組んでおり、A教諭もこれまで終末時に、4段階の数字から自分の理解度に相当するものを児童自身に挙手させる振り返り活動を行ってきた。しかし、長年続けてきたこの活動に、A教諭は「本当に意味があるのだろうか、形だけの指導になってしまっていないか」と考えるようになった――。

このように、これまでの自分の授業実践に疑問を持ったとき、エビデンスが役に立つ。

ここで、学びの振り返りに関するエビデンスを検索してみる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。