SDGs4.7とこれからの学び~アジアの教育を見つめながら(10)新しい教育と学びの本質


グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)・グローバル教育プロデューサー 木村 大輔




 2016年から、アジアの教育リーダーが集まる「Bett Asia Leadership Summit」に登壇する機会をいただいている。EdTechが中心のこのサミットに参加してこの数年感じていることの一つは、STEAM教育やEdTechを用いる目的の変化だ。

 16年にSDGsやグローバル・シチズンシップ教育の可能性について話したときと、今年の反応とが全く異なっている。EdTechやSTEAM教育の導入そのものを目的とするような意識から、世界の課題を解決していく手段としてこれらを活用し、価値観の醸成や人格形成を図っていこうという流れになっていた。教育大臣パネルディスカッションでも、「人間性を養うための教育」の重要性が指摘された。

 これまでもEdTechは知識や思考力を育むだけではなく、へき地や学校に通えない子供たちに教育機会を提供するイノベーションを生み出してきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。