【給特法】給特法の特殊ルールを巡る法的問題


埼玉大学准教授 髙橋哲



給特法の5つの特徴

第2回は、公立学校教員の勤務時間管理に関する特殊ルールを定めた「給特法」(公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法)の概要と、その問題について論じる。

給特法の特徴はおおむね、以下のようにまとめられる。

第一に、給特法は第3条1項において給料月額に対して4%の「教職調整額」の支給を定めた上で、第二に、教育職員については、労基法上の「時間外勤務手当及び休日勤務手当は、支給しない」(3条2項)と定めている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。