【新たな英語学習のアプローチ(4)】CLILの言語指導―インプット

上智大学言語教育研究センター非常勤講師 山ノ内 麻美
CLILの言語指導は、大きく分けて3種類存在する。①学習内容に関する必須語彙(ごい)や表現を指す【内容学習言語】②ディスカッションをする際に必要な表現である【学習スキル言語】③分からないことを質問するとき、もう一度説明してほしいときなどに発する日常的な言語【日常言語】――だ。この3つの側面を意識して指導案や教材に計画的に組み込み、学習を進めるといいだろう。

言うまでもなく、英語の習得には量的・質的なインプットが大切であり、CLILも例外ではない。ここでは「音声インプット」と「文章インプット」についてそれぞれ見ていこう。

音声インプットは、授業中の教師の発話(Teacher Talk)、または動画など視聴覚教材を活用する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。