【校長発のPTA改革】新しいPTAが果たせる可能性


神戸市立桃山台中学校校長 福本 靖



それまでのPTA運営委員会は本部役員と管理職の総勢10人程度で、形式的な報告、確認が主な内容でした。しかし、新しい運営委員会は一般の役員にも門戸を開放し、出席者も50人近くに増えました。どんな意見でも受け入れるスタンスとしたため、さまざまな意見や要望が出されました。

以下は改革当初に出てきたものの一部です。

▽運動部以外の生徒も通学時は寒いので防寒具がほしい……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。