【新たな英語学習のアプローチ】CLIL型授業の設計


上智大学言語教育研究センター非常勤講師 山ノ内 麻美



いざCLIL型の授業を実践しようと思い立ったら、何から始めればよいだろうか。今回は、授業を設計するための流れとフレームワークを紹介する。

英語の授業の中で部分的にCLILの要素を取り入れる「Soft CLIL」の手法で、社会的テーマ(今回は「固定概念」)を扱う授業づくりを想定してみよう。

Step 1:テーマの定義付け

テーマである「固定概念」の日本語・英語両方の意味を調べ、授業でどのように定義付けするか検討する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。