【見落としがちな道徳の本質(6)】「道徳科の授業」の肝心要

東京都教職員研修センター教授 朝倉 喩美子

道徳科はどんな時間?

子供や保護者から「道徳科の時間とはどんな時間か」と尋ねられたら、私はこう答えたい。「そうはいっても、なかなかできない自分を見つめる時間」。

人は「飲み過ぎてはいけない」「明日までに仕上げなければならない」など、大概はこうすべきだと分かっている。しかし、実際はつい飲み過ぎて後悔するし、あさってやればいいやと思って寝てしまう。

「○○してはいけない」「△△しなさい」と親や教師から日々教わっている子供たちも、すでに分かっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。