【見落としがちな道徳の本質(7)】「善悪の判断、自律」を考える

東京都教職員研修センター教授 朝倉 喩美子

道徳科を要として全教育活動を通じ行う道徳教育の内容項目は▽A:主として自分自身に関すること▽B:主として人との関わりに関すること▽C:主として集団や社会との関わりに関すること▽D:主として生命や自然、崇高なものとの関わりに関すること――に分類される。A~D全ての内容を発達段階に即して指導することとなっている。

Aのトップに挙げられているのは「善悪の判断、自律、自由と責任」であり、道徳性全体の基本・基盤となる道徳的価値であることがうかがえる。中学校では「善悪の判断」が抜けているが、小学校段階で確実な習得を目指し、それを包含した「自律」とそれを土台にした「自由と責任」に関する学習が求められている。今回は「善悪の判断、自律」を中心に考えてみたい。

(1)正(善)・不正(悪)について

正しい道に進むのを妨げる要因は①正・不正の分別のなさ②心の弱さ、勇気のなさ③偽善(正・不正のごまかし、こじつけ、弁解)④悪意(悪の誘惑)――と考えられる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。