【校長発のPTA改革】問われる校長の力量


神戸市立桃山台中学校校長 福本 靖



PTA関係者や保護者からよく質問を受けます。「PTA組織や活動を大幅に見直したり、運営委員会で多数の保護者と率直に意見交換をしたりすることは、どの校長にも可能ですか」と。

この問いに対して私は「手順も複雑でなく、改革そのものは特別なことではありません。要は、変えることに労を惜しまない気持ちの問題です」「何事もそうですが、特に長い期間変更されていないものはそれなりの理由があり、反対など大きな壁にぶち当たります。それでも、チャレンジするこだわりがあるかどうかです」と答えています。また「PTA改革は、すぐに大きな断崖のような壁にぶち当たりますが、それさえ越えれば、学校にとっても大きなメリットがあり、後はスムーズに運びます」と付け加えています。

この断崖は大きく分類すると2つに集約できます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。