【探究的な問題解決能力(5)】国語で統計教育

国立教育政策研究所統括研究官 坂谷内 勝
表やグラフは、説明文や報告文のような文章の中によく出てきます。また、新聞や広告の情報の中でも使用されます。国語では、文書の中で出てくる表やグラフを正しく読み取ったり、発表するときに表やグラフを利用したりと、統計教育の実践の場があります。

以下、統計的な探究プロセス(とらえる―あつめる―まとめる―よみとる―いかす)の流れに沿って(1)鹿島市立北鹿島小学校の楠本由佳子教諭の授業と(2)戸田市立喜沢小学校の黒﨑正彦教諭の授業を紹介します。
(1)未来の町についてプレゼンテーションしよう

授業の目標は、複数の資料(表やグラフ)から読み取った情報を目的に応じて活用し、効果的に発表することです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。