【見落としがちな道徳の本質(10)】「よりよく生きる喜び」について考える

東京都教職員研修センター教授 朝倉 喩美子
この連載の一覧
・見落としがちな道徳の本質
「よりよく生きる喜び」は、中学生のみの内容項目であったが、今回の学習指導要領改訂で小学校5、6年生から取り扱うこととなった。小学生の段階で考えさせるには高度な境地であり、人間としての矜持(きょうじ)、人生を切り開いていく際の背骨ともなる価値観であると思う。これを「人生」「生き方」「自分らしさ」といった言葉に興味を持ち出し、自分自身を客観視し始める頃から学習することに意義がある。

また、視点Dの『主として自然や崇高なものとの関わりに関すること』に入っている点にも留意したい。つまり、生命や自然、美への畏敬の念とともに、人間の精神性の素晴らしさや真摯(しんし)に生きる姿勢の気高さを崇高なものとして価値付けるものである。いわば、人間賛歌の内容項目である。

「真・善・美」などよりよいもの、より優れたものに抱く飽くなき探求心や知的好奇心の旺盛さ、大地震や台風、噴火などの自然災害にも屈しない精神や協働の力、小さな存在や弱い者、虐げられた者へのいたわりや温かさ、そしてこれらに触れるたびにみせる繊細な感情の働き――。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。