【見落としがちな道徳の本質(11)】「道徳科」の評価

東京都教職員研修センター教授 朝倉 喩美子
この連載の一覧
・見落としがちな道徳の本質
児童生徒の道徳性に関わる評価は2種類ある。1つは全教育活動を通じて行う道徳教育に関する評価で、学級担任が児童生徒の道徳的な行為や行動のよさ、具体的な成長を年度ごとに見とるものだ。もう1つは特別の教科・道徳の学習に対する評価で児童生徒の学習状況を捉えるものだ。

道徳性は、学校の全教育活動を通して計画的に養われる。当然、その学習状況や成長の様子に対する評価が必要となる。それが前者だ。各教科等の学習活動や学校生活などで外面に表れた行動のよい点や進歩の状況を通して適切に見とり、日常的な指導に生かす。そして指導要録の「行動の記録」欄に年度ごとに記載する。設置者の判断により、必要に応じて項目を増やすこともある。例えば、区市町村で国際理解教育や環境教育に力を入れている場合、関連する道徳的価値についての評価を加えることもある。

後者の評価においては、年間34~35時間の道徳の授業を、教科書を用いて計画的に実践し、その集積である児童生徒の変容を見とる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。