【学習科学と先端技術の可能性(2)】EdTechを支える従来の学習理論

聖心女子大学教授 益川 弘如
この連載の一覧
学習科学と先端技術の可能性
先端技術を活用した個別最適化は、1950年代の「ティーチング・マシン」に始まり、「CAI(Computer Assisted Instruction)」「e-Learning」「AIドリル」と名前を変え、技術の進化とともに発展してきた。しかし、システムには限界がある。これらを開発する際によりどころとなる「人はいかにして学ぶか」の考え方(学習理論)に限界があるからだ。

米国の心理学者バラス・スキナーのプログラム学習の考え方は「刺激と反応の繰り返し」を基盤としている。教授者が学習範囲を定義した上で学習者に刺激を与え、学習者の反応が正解であれば次の内容を提示するという行為を繰り返すことによって、知識を蓄積していくものである。

この「行動主義」とも呼ばれる旧来の学習理論には大きな問題点がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。