【ICEモデル(6)】アクティブラーニングとICEモデル

京都情報大学院大学副学長・教授 土持 ゲーリー 法一
この連載の一覧
アクティブラーニングの評価方法としてのICEモデル
最近、多くの高校や大学で注目されている学びの枠組みに「ICEモデル」がある。「ICE」はIdeas(アイデア、知識)、Connections(つながり、理解)、Extensions(応用)の頭文字をとったもので、この3領域を連動させて学びを深める学習モデルである。

指導と評価が一体化している点が特徴であり、日本には2013年、クイーンズ大学のスー・ヤング博士らの共著『「主体的学び」につなげる評価と学習方法―カナダで実践されるICEモデル』(東信堂)の翻訳を通じて筆者が紹介した。

ヤング博士によれば、ICEモデルは授業デザイン研修の過程で生まれたものであるという。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。