【ICEモデル(8)】ICEルーブリックによる評価の事例

京都情報大学院大学副学長・教授 土持 ゲーリー 法一
この連載の一覧
アクティブラーニングの評価方法としてのICEモデル
前回、これまでのルーブリックによる評価には限界があると述べた。評価規準の記述に使われている表現は「十分」「ある程度」「ほとんど」「あまり」など曖昧であり、レベル評価にとどまっているためだ。この場合、絶対評価と相対評価のどちらを用いるかという問題もあり、教員を悩ませている。その問題を解決するのがICEルーブリックだ。

表は、筆者の「ラーニング・ポートフォリオ」をICEルーブリックで評価した事例である。縦軸の評価規準(観点)はこれまでのルーブリックと同じだが、横軸の評価基準はレベル評価ではなく、領域ごとの評価記述になっている。この点こそ、ICEルーブリックが指導にも使えるゆえんである。ICEは3つの領域を教員と学習者で共有できるからである。適切な評価は難しい。しかし、多様な方法・観点を組み合わせることによって、客観的な評価が可能となるのである。

これまでのルーブリックの評価規準はA・B・C・Dのレベル評価であったが、ICEルーブリックはI・C・Eの領域におけるアセスメントを可能にする点から、質的評価ということができる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。