【ICEモデル(9)】ICEルーブリックを指導につなげる

京都情報大学院大学副学長・教授 土持 ゲーリー 法一
この連載の一覧
アクティブラーニングの評価方法としてのICEモデル
ICEモデルとICEルーブリックは表裏一体の関係にある。ICEモデルは学習方法で、ICEルーブリックは評価方法であるが、ICEルーブリックは指導にも使えるのが最大の武器である。領域ごとに評価でき、質的評価を可能にするからである。

ICEルーブリックが画期的なのは、評価規準の記述表があらかじめ学習者に周知される点である。もちろん、点数配分は教員が決める。事前に、授業でのウエートの掛け方を明らかにする必要がある。試験の直前になって、評価規準記述表を提示するようなことは慎むべきである。

ICEルーブリックを参考に指導案を作成できれば、学習と評価を「一体化」することもできる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。