【「ギフテッド」の子供たち(9)】子供の才能をどう伸ばしていくか

どんぐり発達クリニック、ギフテッド研究所理事長 宮尾 益知
この連載の一覧
「ギフテッド」の子供たち―天才が過ごせる環境づくり―

ギフテッドや2Eの子供はさまざまな分野に興味を持ち、深い理解と追究を重ねている。しかし、自閉症スペクトラムと異なり、いつまでも特定の関心事に執着しているわけではない。追究していくうちに、最先端のことを知りたくなる。彼らの才能を伸ばすために、ポイントとなるのがこの「移り気」である。ただ、最新の、そして深い知識を求める彼らにとって、インターネットは常に正しい知識が得られる空間ではなく、知識欲は満たされない。

そこで期待されるのがSTEAM教育である。これからの時代に重視されるScience、Technology、Engineering、Mathematicsの4分野に、Art(Arts)が加わったこの教育システムは、「学際的なアプローチ」「アカデミックと現実世界の融合」「学校と社会の接続」をしながら学ぶところに特徴がある。

STEAM教育を通して、ギフテッドや2Eの子供たちの優れた部分を伸ばすには「STEAM Library」という海外のサイトも参考になる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。