【こども哲学(4)】ゆっくり・じっくり考える

NPO法人こども哲学・おとな哲学 アーダコーダ
この連載の一覧
日常の疑問を問い、考える こども哲学
「私は『運命』ってあると思うな。13歳の子どもは日本中に何十万人もいるのに、私のクラスメートはここにいる30人しかいないんだよ。これって『運命』じゃん!」

「そうかな? そんなのただの偶然だよ。人は意味が分からないことや理解できないことが怖いから、単なる偶然に『運命』ってラベルを貼って安心しているだけなんだ」

「そうそう!『運命』なんて、物事が思い通りに進まなかったとき口にする『言い訳』にすぎない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。