【学習科学と先端技術の可能性(10)】未来の教育を創る先端技術の活用

聖心女子大学教授 益川 弘如
この連載の一覧
学習科学と先端技術の可能性
先端技術を活用した教育改革の推進には、最新の学習理論に基づき授業と評価を設計した上で、EdTechをいかに活用するかという視点を持つことが欠かせない。ただ難しいのは「このような使い方をすればいい授業になる」という決まった正解がない点だ。

学習者の学び方や考え方はさまざまで、一人一人積み上げてきた経験や知識が異なるため、その先の知識の積み上げ方も多様になる。そのような学習者が集まったクラスもまた、当然多様なのである。

私たちが取り組むべきは、日々の授業や評価をより良くしていくために、学習者の学びの多様さをできるだけ丁寧に捉え、その実態からより良い実践や支援を創りあげていくことだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。