【自己肯定感を育む11の方法(2)】 やる気に満ちているか

MP人間科学研究所代表/心理学博士 榎本 博明
この連載の一覧
なぜ「自信のない子」が多いのか―自己肯定感を育む11の方法

学生たちの悩みにもいろいろあるが、モチベーションの低さを嘆く者が少なくない。

「子どもの頃は、もうちょっとモチベーションが高かったと思うんですけど、いつの間にか何をするにも適当になっちゃって」「課題をやらなくてはと思っても、どうしてもやる気になれなくて。試験勉強も全くやる気がしなくて、単位落としまくりです」

このように「やらなければならないことがあってもやる気になれない」と口にする学生たちは、当然ながらそのような自分を肯定できずにいる。「そんな自分が嫌でたまらない。どうしたらやる気になれますか」「自分を変えたいんですけど、モチベーションの高い人って何が違うんですか」などと聞いてくる。

そうした相談が多いため、授業の中でもモチベーションの仕組みについて解説しつつ「これまでの人生を振り返って、何に対してもモチベーションが低かったという人はいないのでは? 部活動を頑張った人もいるだろうし、子どもの頃は何かの遊びに夢中になったこともあったんじゃないかな」などと伝えるようにしている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。