【学校安全のリデザイン(6)】子供の被害実態と防犯力

日本こどもの安全教育総合研究所理事長 宮田 美恵子
この連載の一覧
学校安全のリデザイン 災害、事件、事故から身を守る
筆者は、子供が実際に受けた犯罪の前兆的行為や暴力などの深刻な事案について調査したことがある。その結果、小学生の13.0%がいずれかの遭遇経験を持っていた。

具体的には、不自然な声掛け、つきまとい、待ち伏せなどである。それらの行為に対し、子供が取った行動は①逃走(49.3%)②声による危険の周知(5.3%)③こども110番の家の活用(4.0%)④防犯ブザーの活用(4.0%)――などであった。

最も多い①も、半数の子供は対応できていなかった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。