【学校安全のリデザイン(7)】特別な支援を要する子供の犯罪被害

日本こどもの安全教育総合研究所理事長 宮田 美恵子
この連載の一覧
学校安全のリデザイン 災害、事件、事故から身を守る
近年、発達障害のある子供が増加している。文科省の調査によると、発達障害の可能性をうかがわせる児童生徒は6.5%程度、1学級に2、3人の割合で存在するという。こうした状況下、教科指導だけでなく、災害や犯罪、事故などの緊急事態への対応にも不安や困難の声が聞かれる。

学校の防犯指導が強化される一方、通常学級では特別な支援を要する子供に特化した防犯指導が行われていないことが多く、インクルーシブ教育システムの中で、個々人に必要な合理的配慮を提供すべきかどうか議論の余地がある。そもそも、要支援児童生徒の犯罪被害に関するデータが不足しているのが現状だ。

そこで筆者は、こうした子供の登下校時の被害状況や犯罪の前兆的行為、犯罪行為に対し、教員が指導上の困難を感じるポイントや意識、ニーズなどの傾向を調査した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。