【自己肯定感を育む11の方法(4)】短所も含め自分を受け入れているか

MP人間科学研究所代表/心理学博士 榎本 博明
この連載の一覧
なぜ「自信のない子」が多いのか―自己肯定感を育む11の方法

前向きに生きている人間は「自己受容」ができている。その意味で、自己受容は自己肯定感を育むために必要不可欠な条件と言える。では、これはどんな心理状態を指すのだろうか。

自己受容を促進するために、本人ができることに着目させるアプローチが取られることがある。できないことだらけで「自分は駄目だ」と思い込んでいる子に「あなたはこれができるよね」と目を向けさせ、自分の長所を自覚させることで自己受容を促そうとするものである。間違いではないが、それだけでは十分でない。

なぜなら、誰しもできないことはあるし、短所もあるからだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。