【こども哲学(9)】幼児教育における哲学対話

NPO法人こども哲学・おとな哲学 アーダコーダ
この連載の一覧
日常の疑問を問い、考える こども哲学
今回は、幼稚園、保育所、認定こども園での教育・保育(以下「幼児教育」)において「哲学対話」がどのように位置付くのか述べる。

従来から幼児教育では「環境を通しての保育」を基本としている。小学校での教育のように国語や算数など教科ごとの教科書を用いて、日々決まった時間割に沿って学習するのではなく、園のあらゆる環境の中で遊びや生活を通して多様な体験をし、そこから学ぶものである。

周知の通り、2017年3月に幼稚園教育要領、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領の3つが同時に改訂(告示)された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。