【働き方改革のキーパーソン(5)】固定観念を見直す

埼玉県川口市立小谷場中学校事務主査 栁澤 靖明
この連載の一覧
働き方改革のキーパーソン 学校事務職員

第3回で述べたように、教頭や教員の仕事の一部を事務職員へ移行し、それぞれの負担を軽減させるために事務職員を活用している自治体もある。

しかし、諸外国に比べて日本の学校のノンティーチングスタッフの割合が極めて少ないことは周知の事実であり、この施策は事務職員の間でも賛否両論ある。わたしは、まだまだ担当できる業務はあると考えているが、全面的に賛成するわけではない。

なぜなら、ただ教頭や教員の仕事を事務職員へ右から左に流すだけでは雑用係的な感覚が否めないからだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。