【主体的に考え、行動する生徒を育む(7)】 「どう思うか」に正解はない

学校法人自由の森学園理事長 鬼沢 真之
この連載の一覧
主体的に考え、行動する生徒を育む
私が高1の授業を担当していたときの話です。4月の授業が始まって間もない頃、授業の中で生徒に対し、あることについて「あなたたちはどう思いますか」と問い掛けました。

これに対して、高校から入学したある生徒が発言します。私の想定にない、ちょっとユニークなものでした。その意見をどのように受け取るべきか迷い、リアクションに間が生まれました。

そのとき、発言した生徒が私のリアクションを気にして、しくじったというようなつぶやきを発したのを鮮明に覚えています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。