【日米の学校(2)】「へえ、休んでいるのかと思った」

東京学芸大学附属国際中等教育学校副校長 雨宮 真一
この連載の一覧
グローバル教師が見た日米の学校
私が2011年から3年間派遣されていたワシントン日本語学校は、在外教育施設の補習授業校という分類で、全日制の日本人学校と違い土曜日だけ開校する。

現在、世界52カ国と1地域にある補習授業校205校のうち、1958年に設置されたこの学校は最も古い歴史を持つ。日本大使館内の一室で、教員2人と児童29人から始まったそうだが、現在は幼稚部から高等部まで、児童生徒数が730人を超える大規模校になった。

土曜日だけの学校と聞いて疑問に思う人もいるだろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。