【働き方改革のキーパーソン(8)】渉外業務と事務職員

埼玉県川口市立小谷場中学校事務主査 栁澤 靖明
この連載の一覧
働き方改革のキーパーソン 学校事務職員

 「コミュニティ・スクール祭り」とでも言わんばかりに、どの自治体もコミュニティ・スクールの導入を進めている。例外なく勤務校にも学校運営協議会が置かれ、わたし自身も委員として、専門分野である学校予算に関する方針や執行状況、評価を提案している。

 今回は、渉外業務と事務職員の話をしよう。第3回で述べたように、事務職員には「渉外」という業務への期待も寄せられている。それは、受動的に担う受付業務ばかりでなく、当然、学校からの主体的なアプローチが必要な連絡調整なども含んでいる。

 コミュニティ・スクールに限らず、地域学校協働活動や学校評議員制度といった、地域住民と学校が一体となって教育に向き合う制度が浸透しつつある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。