【日米の学校(5)】「ゼペット!」(前)

東京学芸大学附属国際中等教育学校副校長 雨宮 真一
この連載の一覧
グローバル教師が見た日米の学校
ワシントンDCに家族3人で赴任したとき、娘は8歳で小学3年生になったばかりだった。旅立ちを前に、クラスの友達に盛大に見送られて名残惜しそうだったが、異国の地での新生活を楽しみにしているようでもあった。もっとも、彼女には突然米国行きを宣告したわけではない。1年も前から布石は打ってある。

「あのねえ、家族みんなで外国に住むかもしれないんだよ」

「え、ホント? なんで? いつ? どこへ?」

「うん。どこに行くか分からない。行かないかもしれない」

「何それ」

こういう会話を何回か繰り返した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。