【働き方改革のキーパーソン(12)】学級費は廃止すべき

埼玉県川口市立小谷場中学校事務主査 栁澤 靖明
この連載の一覧
働き方改革のキーパーソン 学校事務職員

今回は、いわゆる「学級費」の話をしよう。念のため定義しておくと「主に学級で使用する物品や教材を購入するため、毎月集める1人当たり100円程度の現金」である。

最初に問題点を示しておく。最大の問題は、集金が先行していることだ。保護者は用途を示されない状態でお金を学校に徴収され、年度末に執行された状態を追認することしかできない。

また、集金が先行することによって集金額が固定化され、金額そのものの意義を検証しないまま慣習化されてしまう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。