【シティズンシップ教育の可能性(5)】「考え、議論する道徳」との関係

日本シティズンシップ教育学会
この連載の一覧
シティズンシップ教育の可能性
「特別の教科 道徳」(以下「道徳科」)は、2020年度から始まる新学習指導要領に先立ち、小学校では18年度、中学校では19年度から実施されている。「道徳科」は、これまでの「道徳の時間」にあった道徳的諸価値(徳目)の心情的な注入主義を改め、児童生徒がそれら諸価値について自ら「考え、議論する」ことを重視した点に特徴がある。

これは、新学習指導要領が掲げる「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」の三つからなる資質・能力の育成や「主体的・対話的で深い学び」と重なるものである。

シティズンシップ教育においても、市民社会や国民国家の成員にふさわしい市民的資質として、公正、正義、平等、寛容、包摂、平和、安全、多様性、持続性、自由、責任などがあり、これら普遍的な諸価値について、批判的に考えたり議論したりすることを重視している(図)。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。