【日米の学校(11)】 「あんたの母国語は大丈夫か?」

東京学芸大学附属国際中等教育学校副校長 雨宮 真一
この連載の一覧
グローバル教師が見た日米の学校
全ての補習授業校に派遣教員がいるわけではない。小さな学校では現地スタッフしかいないところもあるため、時折出張で他校に赴き、模範授業や研修を行うのも派遣教員の大切な仕事の一つだ。

そんな出張で他州を訪れた際、帰路に空港までタクシーに乗ったときのことだった。乗車後しばらくすると、運転席の電話が鳴り、彼はハンズフリー機能で話し始めた。英語ではない。何を言っているのか分からないが、相手の女性はものすごい剣幕で怒っているようだ。彼も負けじと大声でまくしたてて電話を切った。

「彼女はずいぶん怒っていたようだね」……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。