【片付けから始める学校の働き方改革(4)】片付けのマインドセット

学校整理収納アドバイザー 丸山 瞬
この連載の一覧
片付けから始める学校の働き方改革
片付けを始めるにあたって一番重要なことは、モノの本質や考え方、理論などを知ることである。そこで今回は、働きやすい環境をつくるために知っておきたい考え方と理論を紹介する。

まずは、身の回りの断捨離をする際の考え方。モノを断捨離するという行為は、端的に言えば「要と不要を区別すること」である。理屈はシンプルだが、その判断は容易ではない。教員によって、考え方や価値観が違うからだ。

金色の折り紙を大切に取っておいたものの、結局お道具箱の中でぐしゃぐしゃになってしまった…なんて経験がある人は、「古い」「汚れている」「多すぎる」「壊れている」「使いづらい」「今は使っていない」「存在を忘れている」のうち、どれか一つにでも当てはまったモノは整理対象に入れる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。