【困った保護者とどう向き合うか(2)】保護者の苦情・要望はどれくらいあるのか

日本大学文理学部教授 佐藤 晴雄
この連載の一覧
「困った保護者」とどう向き合うか


今回は、筆者らが保護者や教師を対象に実施した全国レベルの意識調査※から、保護者などのクレームの実態を探ることにしよう。

まず、保護者の意識調査を見ると、苦情・要望の申出率は約3割(29.8%)に上る。回数は平均2.1回。「1回のみ」は54.4%、「2回」は約23%で、合計すると8割弱は2回以内に収まっている。一方で、中には「30回」「35回」という強者もいる。そうした保護者には、どのような特徴が見られるのだろうか。

結果を見ると年齢や性別による違いはない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。