【新時代のリスクマネジメント(4)】課題の整理② 感染症対策、教員の勤務など

常葉大学教授 木宮 敬信
この連載の一覧
新時代のリスクマネジメント―不測の事態にどう備えるか―


前回は、休校措置における児童生徒に関する課題について考えてみました。今回は、それ以外の課題を挙げてみたいと思います。

まず、感染症対策の充実が挙げられます。3密を避けることが重要とされていますが、学校内には3密に該当するような場所や授業、行事が多々あります。新型コロナウイルスの収束後も、新たな感染症の脅威や不安感は多くの児童生徒や保護者の中に残るでしょう。これまではあまり意識してこなかったことですが、これからは3密を避ける配慮が求められるのではないでしょうか。

加えて、マスクや消毒液などの備蓄も求められるでしょう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。