【困った保護者とどう向き合うか(9)】地域の力を借りる

日本大学文理学部教授 佐藤 晴雄
この連載の一覧
「困った保護者」とどう向き合うか


ある中学校での出来事である。ある日の夕方、突然、こけた頬にサングラスをかけた中年男性が校長室に乗り込んで来た。校長が見知らぬその男性は、その中学校の生徒の父親である。

父親は、息子がサッカー部のレギュラーに選ばれなかったことを恨み、レギュラーにするよう強い口調で校長に要求してきた。突然の訪問に少しうろたえた校長だが、部活動にはそれぞれ事情があり、校長がそれを無視して指示できることではないと説明した。

しかし、父親は納得せず、すごむような態度を見せ始めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。