【子どもアドボカシー(7)】子どもアドボカシーの実践方法

熊本学園大学教授 堀 正嗣
この連載の一覧
子どものSOSを見逃さない 子どもアドボカシー


子どもアドボカシーの実践には、①信頼関係の構築、②権利に関する教育、③子ども参加の促進、④傾聴、⑤個別アドボカシー、⑥権利侵害への対応、⑦制度改善の7つがある。

①の「信頼関係の構築」は、子どもが「自分のことを大切に思ってくれている」「自分の味方だ」「対等に扱ってくれる」と感じられるような信頼関係を築くことが、アドボカシーの前提だということである。

②の「権利に関する教育」は、意見を表明するためには、子ども自身が自らの権利について知っていることが前提となる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。