【困った保護者とどう向き合うか(10)】困った保護者への対応―連載のまとめ―

日本大学文理学部教授 佐藤 晴雄
この連載の一覧
「困った保護者」とどう向き合うか


本連載ではこれまで、幾つかの事例を取り上げて解決のヒントを示してきた。連載を終えるに当たり、望ましい保護者対応の在り方を整理してみる。

一つ目は、初期対応に配慮すること。初期対応については本連載の第5回で取り上げたが、最も大切なのは初期対応を丁寧に行うことである。苦情の申し出や面談の求めがあれば、服装や場所にも気を遣う必要がある。来校日時を約束した場合は、ジャージ姿のまま立ち話で済ませようとしてはならない。

二つ目は、保護者を「敵」と見なさないこと。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。