【話し合いの場づくり(5)】収束時の留意点とアドバイス

株式会社博報堂H-CAMP企画推進リーダー 大木 浩士
この連載の一覧
発想力を育む、話し合いの場づくり

正解がないものをテーマにブレストをする場合、「拡散」と「収束」を分けて行います。広がった話を一つの意見として集約し、まとめていく話し合い。慣れていないと難しく感じるものです。




まとめる話し合いがうまくいかない生徒には、幾つかの傾向があります。

◎“良い答え”にしなければと考えてしまう。そして、面白味のない無難な意見に落ち着いてしまう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。