【子どもアドボカシー(10)】アドボカシーの文化を築く

熊本学園大学教授 堀 正嗣
この連載の一覧
子どものSOSを見逃さない 子どもアドボカシー


カナダのオンタリオ州子どもアドボカシー事務所のホームページには、次のように記載されていた。

「アドボカシーは技術ではありません。介入の戦略でもありません。実践の道具でもありません。効果的なアドボケイトになるためには、自分が行う全ての行動にアドボカシーの心情や行動規範、価値観が一貫して貫かれている必要があります。自己像、アイデンティティー、自分の人生の生き方などと統合された、切っても切れない一部になっていなければならないのです。」(菊池幸工訳)

子どもアドボカシー事務所元所長のジュディ・フィンレイさんは、「アドボカシーはライフスタイル」という言葉を残している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。