【話し合いの場づくり(6)】言語化ノートをつくる

株式会社博報堂H-CAMP企画推進リーダー 大木 浩士
この連載の一覧
発想力を育む、話し合いの場づくり

生徒たちが質の高い話し合いを行うためには、4つの慣れが必要だと考えています。

①自分の中に意識を向け、思考やひらめきの存在に気付くことへの慣れ。

②それらを言語に変換することへの慣れ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。