【新時代のリスクマネジメント(10)】新時代の危機管理

常葉大学教授 木宮 敬信
この連載の一覧
新時代のリスクマネジメント―不測の事態にどう備えるか―


新型コロナウイルス感染症の世界的流行は、多くの人々に感染症の脅威を刷り込みました。そうした警戒心の強さから「コロナ後の社会は、これまでとは違った社会になる」と言われるほど、大きな社会的変化も予測されます。学校においても、コロナ前と後ではありようが変わってくるかもしれません。

5月22日に文部科学省は、衛生管理マニュアル「学校の新しい生活様式」をまとめ、通知しました。このマニュアルでは、生活圏における感染症のまん延状況によって3つの段階に分けて、学校の行動基準を示しています。教育活動や安全管理上の留意点について、非常に細かく例示されており、今後はこのマニュアルに沿って、各学校が教育活動を進めていくことになります。

学校規模や地域の状況によっては、マニュアルに沿った実施が難しいケースもあるかもしれませんが、できる限りの対応で感染リスクを下げることで、ウイルスと共存していく体制づくりが見えてくるのではないかと思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。