【スクールソーシャルワーク(5)】チーム学校をつくる ①ケース会議の重要性

大阪府立大学教授 山野 則子
この連載の一覧
子どものSOSを見逃さない スクールソーシャルワーク


スクールソーシャルワーカー(SSWer)が行う仕事の対象には、ミクロ、メゾ、マクロのレベルがある。「メゾ」のレベルでは中間サイズ、つまり学校が対象となる。家庭環境の安全安心の向上だけではなく、教育現場の安心安全の向上も含まれている点は、同じソーシャルワーカーであっても児童相談所の児童福祉司とは違うところである。

SSWerの頭の中には、子どもや家族のことだけでなく、常に学校を機能させることがある。A君の問題解決を担任とだけ共有したとしても、校内で共有しなければ、同様の問題が生じたB君、C君に生かせない。SSWerは、校内における教師の位置付けや意思決定過程にも着目し、学校全体として蓄積されるようにしていく。こうした視点は学校と違う組織の児童相談所・児童福祉司は決して持たない。心理面に着目するスクールカウンセラー(SC)とも違う点だ。

SSWerが「学校に働き掛ける」上では、どのような手法があるのだろうか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。